ユニフォームをつくる

東京オリンピックを控えてスポーツ活動は活況になりそうです

スポーツは人類の歴史の中で古代から存在することは近代オリンピックの起源が古代ギリシアのオリンピアにおける競技会にあることからも明らかです。日本におけるスポーツ文化は様々な流行を経た衰勢がありますがサッカーは現在も人気のあるスポーツです。 サッカーに必要な道具はサッカーボールを除けばほとんどないので世界各地で人気のあることは知られていますが、正式な大会等の競技会ではサッカーユニフォームが欠かせません。一方でサッカーユニフォームの作製は印刷技術の向上により趣味で競技をしている人でも手軽にできるようになりました。2020年の東京オリンピックを控えて社会的にスポーツ全般に興味を持つ機運が高まっている現在、サッカーユニフォームを作りたいと言う人口も増えそうです。

サッカーユニフォームは体の部位に応じた生地が使われています

サッカーユニフォームを作製する時には無地の生地に対して熱を利用したプリントをしてデザインすることが一般的です。そのため、プリントする時の気温や湿度等の影響を受けるため、一着毎に出来に多少の変化が生まれてしまうことが多く、依頼した時の完成予想とは風合いが替わってしまうこともあります。 また、サッカーユニフォームの生地は一様ではなく襟や袖口等は伸縮性のある生地を用いることが多いため、凸凹が発生しやすくてプリントの際にムラが出ることがある上に他の生地とは色合いに若干の違いが出ることがあります。生地に応じた適切なプリント方法に変えれば予想に近い出来にはなりますが、プリント方法毎に料金が必要になることが一般的で割高になります。